驚愕の高価査定!!サッカー強豪高校のユニフォームは高価買取(北陸・西日本編)

毎年、多くのプロ選手を送り出している全国高校サッカー選手権は高校野球でいうところの甲子園大会に匹敵する人気イベントです。インターハイ、高円宮杯と並び高校サッカー3冠に数えられる大会ですが、TV中継もあるため最も注目度の高い大会であります。サッカーファンにとって強豪校のユニフォームは憧れの的です!!下記のような強豪校は特に高価買取対象です。高校時代の青春の思い出としてしまっておいたユニフォームが実は高額買取の対象かも?

富山第一(富山)

攻守ともに中央バイタルエリアでの攻防を重要視し、ハイプレスとショートカウンターによる攻略に重きを置いた戦術スタイル。選手権優勝1回。

柳沢敦

星稜(石川)

パスワークや豊富な運動量をベースに選手の長所を生かした戦術が特徴。豊田陽平、本田圭佑といった優れたタレントを輩出。2014年大会優勝。

豊田陽平、本田圭佑、鈴木大輔

野洲(滋賀)

こだわりのドリブルと華麗なボールテクニック、抜群のコンビネーションの融合によるセクシーフットボールで2006年選手権を制覇。

乾貴士

四日市中央工(三重)

素早い攻守の切替と前方を意識した攻撃的スタイル。選手権初優勝の中心選手であった小倉隆史などが身に着けた伝統のエースナンバーは17番。

越後和男、阪倉裕二、小倉隆史、中西永輔、坪井慶介、浅野拓磨

京都橘(京都)

堅守速攻が特徴。2000年の男女共学化により男子サッカー部が創設されたため歴史は浅いが、3年連続選手権ベスト8入りを果たすなど短期間で強豪校としての地位を築き上げる。

滝川第二(兵庫)

素早い攻守の切り替えからシンプルにスピーディーにゴールに迫るスタイル。選手権優勝1回。

岡崎慎司、加地亮、金崎夢生、朴康造、波戸康広

広島皆実(広島)

緑と黒の縦じま模様のスイカカラーでお馴染み。堅守速攻が特徴。

下田崇、森重真人

高川学園(旧・多々良学園)(山口)

個人技やコンビネーションを生かした攻撃スタイル。粘り強い守備とハードワークが特徴。

高松大樹

東福岡(福岡)

選手権優勝回数3回。ピッチの端から端までを広く使いサイドを起点とした攻撃が持ち味。1997年、冬の選手権で中田浩二擁する帝京高校を破り、インターハイ、高円宮杯と合わせ史上初の高校サッカー3冠を達成。また当時、52戦無敗とまさに無敵の強さを誇った。

山下芳輝、小島宏美、本山雅志、長友佑都

国見(長崎)

選手権優勝回数は最多の6回。小嶺監督の指導の下、高校サッカー界で圧倒的な成績を残していた時は、極限まで徹底的に走り込むことで得られたフィジカルを生かしてハイプレッシャーをかけ、ボールを刈り取ったあとは素早い速攻によりゴールを脅かすイメージがある。前線には高木琢也や平山相太といった大型FWがおり、そこにロングボールを集めた時の印象が強いが、三浦淳宏や大久保嘉人といったボールコントロールに優れた選手を中心にしてゴールに迫ったときもある。

高木琢也、永井秀樹、路木龍次、三浦淳宏、都築龍太、大久保嘉人、徳永悠平、柴崎晃誠、平山相太、兵藤慎剛、渡邉千真、山村和也

鹿児島実業(鹿児島)

豊富な運動量とフィジカル、パワー、テクニックを融合した総合力の高さから疾風怒濤と呼ばれる攻撃スタイルが特徴。選手権優勝1回。

前園真聖、城彰二、平瀬智行、遠藤保仁、那須大亮、松井大輔、伊野波雅彦

主な全国の強豪高校とそのプレースタイル、主な出身プロ選手は以上の通りです。もちろん他にも今回紹介しきれなかったたくさんの強豪校や有名校があります。

※もちろん指導者や所属選手が変わればプレースタイルは変わり得るため、毎年異なった戦術やプレースタイルが見られる場合もありますが、ざっくりとした主な傾向や分類としてお許しください。

これからの日本代表やスタープレーヤーへと成長する選手が高校サッカー界から出てくると思うととても楽しみです。近年ではJリーグクラブ不毛の県にサッカー強豪校が増えつつある傾向も見られます。サッカーの全国的な指導力の向上はもちろん、有能な指導者の分散やサッカー部の環境整備なども進んだためではないでしょうか。あらたな強豪高校やスタープレーヤーの出現も含め、これからも高校サッカーはサッカーファン注目の存在としてあり続けるでしょう。

そんなロマンの塊とも言える高校サッカー部のユニフォームは高価買取が期待できます!

また、意外なところでは高校サッカー選手権の歴代応援マネージャーポスターも高価買取中です。お持ちでしたらぜひお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)